タバコ、ヴェポライザー

コレいい!プルーム ・テックプラスの純正メタルキャップをレビュー

どうもイカゾーです。

いよいよ目前に迫ったプルーム テックプラスの全国発売。僕は現在、紙巻たばことして併用してTPOでプルーム ・テックプラスを使い分けています。

なぜなら、、、某地方の為プルーム のたばこカプセルがコンビニで売っていないから( ´Д`)y━・~~オンラインで買うの忘れてて手持ち無い時あるんだよね。。

タバコを吸わない人もいる場合なんかはプルーム ・テックプラスがめちゃくちゃ助かります。匂いもほとんど無いし、何より吸い殻や灰が出ないのは本当に楽ですね。

地元地区の運動会で実際に持って行って試したプルーム ・テックプラスの新アクセサリーが超優秀だったんで紹介します。

プルーム・テック・プラス メタルキャップは清潔と携帯性をプラスする

今回紹介する純正アクセサリーはプルーム ・テック・プラスの吸い口を清潔に保ちつつ携帯性もアップさせてくれるアイテムです。

プルーム・テックはキャップとかクリップとか以前紹介したツイストケースとか色々出ててずるい!!

プルーム ・テック・プラスもキャップとかクリップとか早く出して欲しい。そう思っていた人けっこういると思うんです。

そんなキャップとクリップが一体化したアイテムがプルーム ・テック・プラスメタルキャップ。まぁ装着した感じは太いペンだよねw
キャップ付きのドクターグリップだよね!

でもこのキャップ、いざ使ってみるとすごく良かったんです!

普段タバコをポケットに入れてる人には超オススメ!

先週の地区の運動会でドヤ顔しながらキャップ付けて出かけたんですが、最初からキャップ付きで使ってたっけ?って思うぐらい自然に使えました。

カバンにはケースごとプルーム ・テック・プラスで持って行ったんですが、当日は短パンTシャツ。
タバコが吸える喫煙場所まで歩いて行くときにはかさばるので、ケースなんて持ち歩きたく無い。

しかも、そんなにゆったりとタバコをスパスパできるできる時間も無かったので1カプセル(50パフ分)もあれば午前中とかは余裕なわけですよ。
つまり本体にタバコカプセルを装着したままポケットに入れておくスタイル。

このスタイルにはメタルキャップはバチっとハマりましたね。しかも喫煙所では見た事無い物を見られる目で色んな人に声をかけられましたww

「それ何?」「キャップ最初から付いてるの?」「え?純正?」

とかが多かったですね。まぁまだプルーム ・テック・プラス自体発売していない地区なんで当然っちゃ当然なんですが。

そういう場所ではたばこコミュニケーションとして面白かったですね。そして意外にもプルーム ・テック・ユーザーが多かったのも印象的でした。

「子供がいる場所なんで普段は紙巻タバコでも今日はプルーム ・テックにしてるんです」

って人は多かったですね。

実際に使って分かったプルーム ・テック・プラス メタルキャップのいいところ4つ

メタルキャップを実際に使って分かったいいところ紹介します。

さすが純正アクセサリーと言わんばかりのキツ過ぎず、ゆる過ぎずの閉まり具合

プルーム ・テック・プラスの形状から見てユルユルなキャップなんじゃないの?って思ってたんですが流石純正と言わんばかりの閉まり具合です。使っている時は反対にキャップを付けた状態でもスポスポ抜け落ちる事はありませんでしたよ。

もちろんキャップを持っても本体が落ちてくるような事はありません。まぁキャップを持って振り回せば落ちるでしょうが、そんな使い方をする人はいないでしょう。

キャップ上部にもプルーム テックのロゴが入ってる

これがさりげなくカッコいい。喫煙所でも最初からキャップ付きなの?って声かけられたぐらい本体に馴染みます。

クリップ付きでポケットに入れておく時も落下の可能性を低くしてくれる

ポケットにプルーム ・テック・プラスを入れておいてもしゃがんだ時や、座った時などにスルッと落ちてしまう事があります。

このメタルキャップはクリップ付きなのでポケットに入れつつクリップで挟めるので落としてしまう事はありませんでした。

もちろんスーツなどの胸ポケットに入れておく場合でも、クリップで挟む事で落とす事もなくスマートに持ち運べそうです。

砂ホコリやポケット内のホコリからも吸い口をガード

ポケット内部に細かいゴミってありませんか?僕は大雑把な性格なんでポケット内のホコリとかは普段あまり気にしないんです。

でも運動会っていうシチュエーションでは砂ボコリが舞っていて、そんな砂ボコりからもしっかりとガードしてくれていましたよ。普段外で仕事する人や、ホコリが多い場所などで仕事する人は吸い口を清潔に保てると思います。

プルーム ・テック・プラスメタルキャップの残念なところ

いいところばかりではなく当然ながら少し残念に感じた部分もあります。

サイズ感はやはり大きくなる

プルーム ・テックから見ればプルーム ・テック・プラスはプルーム テック2本分ぐらいの太さになっています。

そこにキャップが加わるとさらに太く、高級な万年筆を持ち歩いているような感覚になりますw このサイズ感は一日キャップ付きで過ごせば慣れてしまい気にならなくなりました。

メタルキャップのカラーバリエーションは全5種類

メタルキャップの価格

ブラック・シルバー              1900円

ライトブルー・ダークブルー・ディープレッド  2100円

攻めた色のイエローのキャップは無いのがちと残念(*´-`)

実物をみてみると分かるんですが、ブラック、シルバーより他の3色の方が金属感があって高級感があるように感じました。どうせ買うんだったらメタル感が強いそっちの方がいいかもです。

まとめ

高級感もあるし携帯性もアップさせてくれるメタルキャップはプルーム・テック・プラスを日常的に使っている人にはかなりオススメしたいアイテムです。

ちなみにプルーム・テック・プラスの純正ハードケースにもキャップを付けた状態でも収納する事ができます。僕はこのハードケースが純正アクセサリーで一番好きなアイテムなんで地味に入るのはうれしい(゚∀゚)

購入はこちらからどうぞ

Ploom 公式オンラインショップ

JT公式Ploomショップ楽天市場店

ABOUT ME
アバター
イカゾー
ガジェット、アウトドアが好きのマイホームローンパパです。 週末のホームセンター通いがやまられません。 夢は早期リタイアで海の近くで暮らすこと。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。