タバコ、ヴェポライザー

安定人気のヴェポライザーFENiXがさらに進化!WEECKE FENiX+が発売

どうもイカゾーです。

ゴールデンウィークも終わりの5月6日圧倒的な人気度を誇ったヴェポライザーのFENiXが進化してFENiX+となって発売されました。

初日ながらスゴイ売れ行きの様で国内で様々なヴェポライザー販売を行なっているVAPONAVIさんでは一瞬で売り切れてしまった様です(゚∀゚)スゴイ!

ヴェポライザー専門ショッピングサイト【VAPONAVI】

 

以前書いたFENiXのレビュー記事はこちら

2018トレンドヴェポライザー!WEECKE Fenix レビュー フィルターの使い方のコツも紹介どーも。ヴェポライザーにハマってからというもの,C-VAPOR2+吸いまくりです。 暇あれば吸ってるってぐらい吸ってます。 そん...

FENiXからFENiX+への変更点をチェックしてみる

大きな変更点は以下の通り

  1. 温度の選択肢が増えた(4段階から6段階へ)
  2. バイブ機能の追加
  3. 喫煙時間の延長ができる様になった
  4. 充電方式が2.5A対応になり充電時間が短くなった
  5. 充電中でも喫煙可能になった
  6. 別売りだった510アダプターとマウスピースが最初から付属
  7. 電池残量が上のLEDで確認できる様になった

1つずつ解説していきます。

1.加熱温度の選択肢が増えた

FENiXの加熱温度の選択肢は4段階

170℃,180℃,190℃,210℃

新作のFENiX+の加熱温度の選択肢は6段階

170℃,180℃,190℃,200℃,210℃,220℃

加熱温度では200℃と220℃がFENiX+になって追加されましたね。これにより前作のFENiXに比べて自分好みの喫味が選択できそうです。

もうちょっと喉へのキック感欲しいな〜(゚∀゚)」とか、

今日喉調子悪いから少しキック感抑える(*´-`)」とかね。

もちろん前作の「ソフトモード」「エンハンスモード」もFENiX+でも健在です。最高で12段階の喫味の変化を感じる事ができる様になりました。

2.バイブ機能が付いた

加熱完了(喫煙できる状態になった時)と喫煙終了時にバイブでお知らせしてくれる機能が追加されました。

バイブ機能の要望って意外と多いのね。。。。個人的にはあまり入らなかった機能かも。

3.喫煙時間の延長ができる様になった

旧型のFENiXでは一回の喫煙時間は5分間。連続して吸う事もできましたが、チェーンスモーク(連続吸い)はメーカーは推奨ではありませんでした。

しかも連続吸いした最後の方は喫味が薄くなるため、加熱温度を1回目の喫煙より上げて使うなどの工夫が必要でした。

新型のFENiX+では1回の喫煙時間は変わっていませんが、5分間の喫煙終了までにボタンを1回押す事で喫煙時間を3分間延長できます。

この機能は他の加熱式タバコや、ヴェポライザーには見られない機能で非常に使い勝手良さそうです。前作のFENiXを使った事がある人ならわかると思いますが合わせて8分間の喫煙であれば味も薄くならずに吸い切る事ができると思います。

この機能は他の加熱式タバコもぜひ追求して付けて欲しい機能。今回のパワーアップで一番嬉しい機能じゃないかと思います。

4.充電方式が2.5A対応になって充電時間が短縮された

前作のFENiXでは5V-1Aのみ対応でしたが新型のFENiX+では5V-2.5Aの充電方式に対応しました。

公式では 旧型に比べ、2.5倍のスピードに!なんて書いてありましたが・・・

流石に2.5倍は言い過ぎではww

でも満充電までにかかる時間は1時間だそうです。めちゃくちゃ早いよねこれ(゚∀゚)

5.充電しながらの喫煙が可能になった

ヴェポライザーの中には当然充電しながら使えるモデルもありますが、旧型のFENiXでは充電しながらの喫煙はできませんでしたので、これも嬉しい改善点の1つ。

吸いたい!!って思った時に充電切れって時は実際によくあったので便利ですよね。特に僕は家で使う頻度が圧倒的に多かったので充電しながら吸えるのはいいですよね。

最初から家でFENiX+を使おうと思っている購入者には大きな改善点と言えると思います。

5.別売りだった510アダプターとマウスピースが最初から付属

これが発売された時のFENiX人気はすごかったですよね〜。

FENiXには当初細いマウスピースしか付属していませんでしたが、しばらくしてからユーザーの希望応える形で510アダプターとフィルターが使えるマウスピースが別売りで発売されました。

その時の記事はこちら

WEECKE FENiX 510ドリップチップ 変換アダプターレビュー WEECKE FENiX 510変換アダプターが発売開始! とうとう出ました( ´∀`) 特にFENiXでフィルターを使いた...

 

別売りだったのに・・FENiX+では最初から付いてくるんだね・・・(*´-`)ずるいよね。

6.電池残量が上のLEDで確認できる様になった

旧型のFENiXでなぜそこなんだ?と思っていたのが電池残量の確認方法。本体底面のLEDでしか確認できず、「吸いたい時にバッテリーがない問題」に見事に貢献していた様な気がします。

新作のFENiX+では電源ボタンを1回押せば上部のLEDで確認できる様になりました。

WEECKE FENiX+は買いなのか?

この問題の答えは簡単。今ヴェポライザーに興味があって買いたい人は買い

FENiX自体が非常によくできたヴェポライザーです。なので今からヴェポライザーを始める人にはオススメできるヴェポライザーです。コスト的にも1万円切る本体価格だからシャグ買ってFENiX+使えば本体代なんて1ヶ月で回収できるはずです。

逆に旧型のFENiXを持っている人は焦って買う必要もないかなーって感じ。

まとめ

良い言い方すれば正当進化?言い方悪くすればマイナーチェンジですよね。旧型のFENiXを持っている僕からすれば、少し残念な新型でした。パッと見では新型どっちってなるぐらい分かりませんからね。

色んな機能が追加されて、使いやすくなっているんだろうけど本体サイズをもうちょっと小さくして欲しかったな。という訳で今回のヴェポライザーFENiX+は旧型を持ってる僕的には買わないかな。

ただ、ユーザーの声をちゃんと取り入れて改善してくるWEECKEのヴェポライザーは本当スゴイ。この前発売されたC-VAPOR 3もいいパワーアップしてましたもんね。

それよりもWEECKEさん、FENiX miniの電池持ちと喫煙温度アップしたヴェポはよ(*´-`)

そんなんでたら絶対買っちゃう自信あるわww

ABOUT ME
アバター
イカゾー
ガジェット、アウトドアが好きのマイホームローンパパです。 週末のホームセンター通いがやまられません。 夢は早期リタイアで海の近くで暮らすこと。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。