タバコ、ヴェポライザー

(大ヒットの)アークローヤルから日本初のヴェポライザー専用たばこが発売(予感)

どうもイカゾです。

たばこ代を節約できると密かな人気のヴェポライザーですが、イマイチ大流行しないのはシャグの問題が多いでしょう。
自分好みのシャグ探しの途中で挫折し、紙巻きたばこ、アイコスに戻るという人も多く目にします。

問題は手巻きたばこシャグとして販売されているものは「ヴェポライザーでの使用」を考えられていないからでしょう。喫煙途中で味が抜けてしまう事もあり、ヴェポでパイプたばこが美味しいと言われるのも喫味が濃い為かと思われます。

もちろん手巻きたばこシャグであっても美味しいのは美味しいんですが、「もう一つなんか欲しい」みたいなところありますからね(*´ω`*)

そんな中、口火を切ったのはウルグアイ産の紙巻きたばこブランドアークロイヤル(ARK ROYAL)。

日本初となるヴェポライザー専用たばこが発売されます。しかも加熱式たばこのデバイスも同時発売というじゃありませんか。

これは流行るだろうと・・・・

アーク・ロイヤルの加熱式たばこ詳細について

Twitterでフォローさせていただいてるタバコ屋さんの情報なんですが、詳しい情報はまた後日という事です。いずみ屋さんパイプたばこからCBD製品まで取扱いがある東京のたばこ屋さんです。すごい豊富・・・

ネットで調べても詳しく出ないので公式サイトも見てみましたが大した情報無い・・・・公式サイトでは、キレイなたばこ葉畑の写真が見れます(*´ω`*)

アーク・ロイヤル公式

アークロイヤル詳細考察してみる

いやーワクワクしますよねこれは。

コンビニとかで売り出せば爆発ヒットの予感しかしません。1番のメリットはやっぱりタバコ代が抑えられる事です。

  • 今回発売されるパウチは1袋25g入りで1200円
  • 一回の喫煙で詰める量を0,3gとして約83回吸える
  • タバコ4箱分に相当します(1箱/300円)

これでしっかりとした味が出て、コンビニで発売されれば一気にヴェポライザーの知名度が上がります。

これはタバコメーカーにとっては禁じ手の様な物に近いと思うんです。いくら機械化が進んでいるとはいえ、工場でタバコ作る工程の人が仕事なくなりますから・・一方消費者は価格が抑えられてうれしい限りなんですが・・・・

アークエックスのヴェポライザーは2種類、スタンダードとハイグレード

あんまり差は無いんじゃないって思ったんですが、結構違いがあります。

スタンダードも手軽そうだけど、ハイグレードの方が後々幸せそうだよな。強めのタバコを吸ってる方なんかは迷わずハイグレードでしょうね!

アークロイヤル・Sタイプ アークロイヤル・Xタイプ
バッテリー容量 1700mAh 2000mAh
1セッションの時間 4分 5分
充電時間 150分 90分
温度制御 190〜210℃ 180〜230℃
温度範囲 個別制御 継続的制御
セットアップタイム 40秒 25秒
充電ポート マイクロUSB タイプC
表示 4つのLEDインジケーター OLEDスクリーン

Sタイプ、Xタイプどう違う?

ハイグレードの方が優れていますが、ライトスモーカーの人はスタンダードのSタイプでも十分なんでしょうね。

バッテリー容量はそこまで変わらないので吸える回数はS15回?X20回〜とか?今年発売されたプルームエス2.0のバッテリーが1,880mAhで約20回喫煙可能なのでバッテリー容量は少なくありません。Xタイプは約20回、Sタイプは約15〜17回といったところでしょうか。

充電時間は60分もの差が出ます。タイプCはすでにスタンダードなので、ここはやはりハイグレードのXタイプに軍配があがります。

温度設定にも加熱範囲の差があります。ハイグレードであるXタイプの方が下に10度、上に20度範囲が広がります。ここの喫味の差はデカイと思います。

プルーム・テック・プラスが進化してプルーム・テック・ウィズになりましたが液晶付くとやっぱりテンションあがりますからね!

あとがき

Xタイプいいな〜〜(*´ω`*)欲しいのはもちろんだが、全種類ガッツリ吸いたいww

発売は2021年1月15日来年です。続報を待ちましょう!

 

 

 

 

ABOUT ME
イカゾー
アラフォーの喫煙者です。 最近はCBDも使ってます。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。